介護職員実務者研修教員講習会


高齢者社会と呼ばれるようになってからというもの介護福祉士の需要が年々増え続けており、その分に比例して介護福祉教員研修を受ける方が多く見られます。
まず教員研修を受講する方は最初に介護職員実務者研修教員講習会を受ける事から始めましょう。

実務者研修教員講習会とは介護福祉士になりたい方が受講する専門学校や研修所の指導者を養成する厚生労働省指定の講習会を指します。
皆さんも知っての通り平成27年度から介護福祉国家試験から実務経験3年以上の受講者の場合最大で450時間以上の実務者研修終了が必須となりました。
これらの講習会は実務者研修の専任教員または介護過程担当教員の養成を目的としている為、介護福祉教員を目指している方にとって必要不可欠な講習と言っても良いでしょう。
受講対象者は実務者研修講習会を修了してから実務者研修において選任教員となる方や介護過程Ⅲの科目を教授する方のみ対象としています。
受講資格については実務経験5年以上の介護福祉士である事と介護福祉に関する科目、大学・高校専門学校の教授、養成施設での教歴3年以上、福祉系高校での教歴5年以上の内一つに該当する方に限られます。
実務者研修教員講習会は全部で七日間に及ぶ講座となっており、介護教育方法1~4で四日分、介護過程の展開方法で2日分、実務者研修の目的及び評価方法で1日となるので覚えておきましょう。
これらの項目を無事に修了された方は実務者研修教員講習会修了証が発行されるのでこれにより晴れて介護福祉教員としての一歩が踏み出せるのです。
なお、受講する為の費用については受講料98000円となっており、インターネットまたはFAXにてお申込み頂けます。
同時に資料請求も行っておりこれらの資料は全て無料ですので一つでも気になる講座があればすぐに取り寄せてみましょう。
介護職以外にも医療分野に興味のある方や介護事業の運営を志す方に向けた講座まで幅広く用意していますので是非受けてみて下さい。

ランキング

ほっと倶楽部

  • 福祉専門
  • 就職・転職に強い
  • お得な割引制度
  • 働きながら資格取得

ほっと倶楽部は福祉専門の人材を取り扱っているニッソーネットが運営している介護資格の講座プログラムです。

2004年の開講以来、15,000人の修了生を輩出!これから介護や福祉の道に進もうとしている人達は、介護の資格を取得した後の就職支援も全力でサポートしてくれるのが実際の講座体験者の方の喜びの声として多いのが特徴です。

目的別に講座セミナーを選択することができ、場所も駅からすぐなので仕事終わりなどの余裕のある時間でスキルアップに努めれますよ!

どのようなカリキュラムなのか詳しく知りたい方は、無料のパンフレットを取り寄せましょう!

ほっと倶楽部について詳しく見る≫≫≫

シカトル

シカトルは資格に関する資料を手に入れたい方を支援する為に作られたサイトです。医療事務からリフレクソロジーといった様々な種類を取り扱っているので利用者数は急増中!

介護資格ナビ

介護資格ナビでは気になる資格の資料がまとめて請求でき、全国3万件以上の介護・医療・福祉の求人情報から仕事が探せます。

脱毛について

脱毛の種類

脱毛 東京の口コミ・評判


このページのトップへ